白衣の天使

私の知り合いにはなぜか看護師さんが多くて…

今日は群馬県前橋市で看護師として働くYさんのお話。

Yさんは東京に生まれ、中学生までは東京で育ちました。

お父様が会社を経営していて、かなり恵まれた環境で育ったみたいです。

中学校2年生の時に、突然事故でお父様がなくなり、お母様の実家のある前橋に引っ越しをしたようです。

お父様の事故をきっかけに、「人の命を救う仕事がしたい」と強く思うようになったYさんは、お医者さんを目指して一生懸命勉強して県内のトップ校に進学。

そのまま医師を目指すのかと思いきや…高1の夏に盲腸で入院した時に、担当してくれた看護師さんがメチャクチャ優しかったから!と、急きょ看護師を目指すことに…

そのまま医師を目指していても十分に行けたと思うのですが…彼女の意志は強く、高校卒業後は看護科のある国立大学に進学。

それから20年近く、看護師として働いています。

これは私の勝手な思い込みかもしれませんが、看護師と医師は従属関係っていうイメージがずっと強かったんです。立場的に意志の方が強いというか…

だから、Yさんに「医師になった方が良かったかもって思ったことはない?」って聞いたことがあるのですが、彼女の答えは迷うことなく「NO」!

彼女はきっぱりとこう言いました:

もちろん、「医師=命令者」「看護師=指示を受ける人」としてとらえて仕事をする人は要ると思うけど、私はそんな風に思ったことは一度もない。医師は、同じ医療現場で働く同僚だし、医師は医師、看護師は看護師の仕事がある。看護師にしかできない仕事がたくさんあって、私は誇りを持っている…

めちゃくちゃカッコいいですよね?

自分の仕事を愛し、誇りをもって仕事をしている人って日本にどれくらいいるだろう?

私も含めて、「仕方がないから」「生きていくために」「やりたくないけど」仕事をしている人が多い中、こんなに胸を張って仕事をしている彼女がうらやましく感じました。

もちろん看護師はひとの命に関わる仕事。きれいごとだけでは済まされない、苦しくて辛くて大変なこともたくさんあると思います…でもきっと彼女は、そんな負の部分も全てひっくるめて、看護師という仕事を愛しているんでしょうね、

私が病気をしたなら、彼女のような看護師さんに担当をして欲しいって心から思いますね!

結婚しても、出産しても…ライフスタイルが変わっても続けて行けるのが看護師の魅力のひとつ!と彼女は言います。

今は看護師専門の転職支援サービスも充実しているので、「看護師は続けたいけど環境を変えたい」「仕事と家庭のバランスがとりやすい職場に移りたい」という人は、いくつかのエージェントに登録してみてもイイかもしれませんね。(参考になりそうなサイトを見つけました~⇒ 前橋市の看護師求人

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です